歌声喫茶ともしびin長津田

長津田に行くのは久しぶりですね。
 ◇時間:午後2時~4時(午後1時30分開場)
 ◇チケット料金:2000円全席自由
 ◇主催:新宿ともしび・横浜友の会 
 ◇共催:歌声喫茶ともしび新宿店
パンフレットに書かれているように、ピアノをひろせめぐみさん、
ステージリーダーとして清水正美さん、本道亮さん。
みなさん、それぞれ休憩を挟んで2時間受け持たれたのです   
からすごいですね。

さすが、歌声喫茶ともしびの方だからというわけではないです
が、良い声してますね。

曲目 全部で25曲 手話つきが2曲ありましたね。

現在は、手話でボランティアをしていないし、おまけに長いこと 
手話から離れているから、忘れていることが多いです。何でも
継続しなくてはいけないですね。

初めて聞く曲が4曲ありました。 
鶴  そんな町を  星の界(よ)  花が咲く日は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第51回日本作詩大賞」が決定

BSテレビ東京で8日(土)夜6:30から生放送。

見ちゃいました。
福田こうへいさん、吐血したとかで心配でしたね。
でも、お元気で歌われました。
☆日本作詩大賞
「天竜流し」 作詩:万城 たかし 
       作曲:四方 章人
       編曲:前田 俊明
       歌唱:福田 こうへい
       制作:キングレコード(株)

☆優秀作品賞
「深川浪花物語」 作詩:もず 唱平
         作曲:聖川 湧
         編曲:伊戸 のりお
         歌唱:川中 美幸
         制作:(株)テイチクエンターテインメント

「津軽おとこ節」 作詞:原  讓二
         作曲:原  讓二
         編曲:南郷 達也
         歌唱:北山 たけし
         制作:(株)テイチクエンターテインメント

平成30年度 第51回日本作詩大賞新人賞
☆最優秀新人賞
「噂の湘南漁師町」 作詩:はまだ ゆうこう
          作曲:岡 千秋
          編曲:矢野 立美
          歌唱:北川 大介
          制作:日本クラウン株式会社
☆優秀新人賞
「横須賀挽歌」   作詩:小泉 厚子
          作曲:岡  千秋
          編曲:矢野 立美
          歌唱:北川 大介
          制作:日本クラウン株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい事があったのよ

まだ、昨日の話しです。
朝、11時頃に連絡をもらったのです

嬉しいことは確実だけれど、詳しく書けないのだわ。
作詞のことですよ。

報告だけなので、まだ・・。
誰にも話してないのですよ・・ 話したいな・・。
知らせたいなというのが実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひきました(^^;)

火曜日13日に胃カメラを済ませ、どうやら翌水曜日に
風邪をひいた模様・・。 なぜか、寒かったのと、
胃カメラの検査には食事抜きですから、空腹というの
が影響したのかも・・。

二ヶ所の組織をとり、癌研にまわすということ。
まざ、大丈夫ということだが、27日の火曜日にまた
病院にいくことになっている。

昨年、ピロリ菌の検査をし、見事に引っかかり、胃カ
メラ検査。 その後、ピロリ菌除菌はOK。
だが、慢性胃炎ということで、今年もう一度、胃カメ
ラということになったのである。

慢性胃炎ということで胃ガンのリスクはあるのだとか。

まあ検査をして結果と聴き、あまり神経質にならない
ようにしよう。

そうそう、木曜に内科に行ってきたのである。
クシャミ10連発、咳がひどいのである。
漢方薬2種をもらった。

作詞をしなくてはいけないのだから、具合が悪いなんて
言っていられない現状である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月中旬

早いもので、もう16日。 
のんびりしていたわけではないのだが・・・。
言い訳無用だが、結構、忙しかったのだわ。

4日に書いた、BS朝日の石本美由起先生に関する
番組。 見ましたよ。知らないこともあったので、
良かったなと思った。

9日、10日はちょっとした小旅行。
現地集合。
音楽関係の方、そして友人たちと三浦半島に一泊。
出かける時には、雨降り、それも大降り。
折りたたみ傘では濡れちゃいそうであった。

やはり、夕食はバイキングだったが、何といっても
マグロの刺身が美味しかった。 
そして,驚きの大きなカニの足。
一番、目の付くところにおいてあった。

どこのテーブルの方たちもお替わりに歩いていた。

う~ン、分かる、分かる、美味しいし、そうそう
自宅では食べられないだろうし・・。

部屋に戻り、就寝まで、いろいろと話した。

翌朝もお風呂に始まり、朝食、やはりバイキング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BS朝日の番組お知らせ

ウッカリしていると、すぐに1日が過ぎてしまう。
若い時と違い、一日一日を大事にしないとね・・。

下記のタイトルで石本美由起先生のご家族からハガキを
いただいた。

《石本美由起関連番組 オン・エアのお知らせ》

1 昭和偉人伝 -米山正夫&石本美由起ー
◇放送日時:11月7日(水)午後9:00~10:54
◇放送局: BS朝日
◇美空ひばりの数々のヒット曲を生み出した
 作曲家 米山正夫と作詞家 石本美由起。
 名曲が作り出されるまでの秘話を紹介。

2 日本の名曲 人生、歌がある
  ー作詞家 石本美由起特集ー
◇放送日時:11月14日(水)午後7時00~8:54
◇放送局: BS朝日
◇司会の五木ひろしさんと豪華ゲストによる、日本の名曲
 紹介番組。
 今回は、作詞家石本美由起を特集。

フェイスブックには、すでに投稿済みである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月最後の日 チョット怖い話し

早いもので、今日で10月が終わる。
どういうわけか、今日は忙しかったと同時に驚いた
ことに出会う。

今日は水曜日ということで、朝から水回りの仕事を
中心に活動した。

洗濯はナシ。 
トイレ、バスマットの洗濯。続いて、台所のマット
3枚の洗濯。 続いてトイレとお風呂の掃除。

結構,ハードでした・・。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

話し変わって、今月の初めに市の成人検査を受け、
2週間後に結果を聞きにいき、体重が増えていた
ため、全てに赤点が・・。

結果を説明してくれた医者は、「毎日30分は歩い
てください」と言われる。 
体重を減らしてから検診と思ったのに、減らないから
もう良いわという気分で行ったのがマズかったか・・。

歩くこと、ついでに必要な買い物をしよう。

家に戻るために・・
マンションではチョット大変な事が起こっていたの
である。 
エレベーターが五階に止まったままである。何度
押しても降りて来ない。

管理会社の0120・・・に電話を入れるが、
「ただいま、大変混み合っております、このまま
お待ち頂くか、またはお掛け直しください」 

携帯で電話を入れて、待ってなんかいられますか。
仕方ないから四階まで荷物を持って階段を上って
行きましたよ。

五階ではエレベーターのドアが閉まったり開いたり
しているのですよ。
乗っていたら怖いだろうな・・

ブログを書いている今は、どうだろうか?

作詞をしなくてはと思っているのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外れの桜の花

やはり、10月も半ばを過ぎると、朝晩は寒さを感じ
るわね。

ところが、ティシャツ1枚で自転車に乗って行った
女性を見たのにビックリ! 
と同時に若いのだ、それにしても・・・ね。

昨日の読売新聞の夕刊の一面。
左側に、1枚の写真がある。
きれいだ! 

この記事と写真の記者の方なのだろう
文末に(中部支社 原田拓未)と記名がある。

タイトル 「台風の贈り物」 

季節外れの桜の花。
撮影場所は、何でも

伊勢湾に面する三重県桑名市の遊園地「ナガシマ
スパーランド」。

園内外に、約350本のソメイヨシノやカワヅザクラ
が植えられており、うち20本以上が花をつけた。
とある。
     
文字だけよりも、この写真をポンと載せるだけで
一目瞭然なのにね・・。
この写真は切りとっておこう。

この桜を見ていて、作詞が出来るわよ。
どんなのって? 
抒情歌、童謡、演歌、j-popだって書けるじゃない。

そうよ、あなたのお得意の分野で書くのがいいわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンソン歌手の訃報

今朝の新聞に、「アズナブールさん死去」
94歳 シャンソンの重鎮

という見出し。

フランスシャンソン界の重鎮シャルル・アズナブ
ール氏が自宅で死去、94歳だったとAEP通信が
一日に報じたとのこと。

何でも、今年9月には日本で来日公演を行ったば
かりで、17日の東京公演では20曲以上をドラマ
チックに歌い上げ、講演終盤でもステージ上を
元気に歩き回り、聴衆を沸かせた。と説明され
ている。

アズナブールと新聞に目をやったときに、由紀さ
おりさんの「恋文」

♪アズナブール流しながら この手紙書いてます♪

というフレーズが浮かんで来た。
歌のフレーズの一節になっているのも素晴らしい
ことだわね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しかった一日

今日は、雨降りだったので寒かったですね。

作詞を見直し、プリントをし、郵便局へ出かけた
のです。

駅近くにある郵便局は朝10時から6時までなの
で、安心です。 

もし、この郵便局がなかったら、本局まで出かけ
ていかなくてはならない。非常に助かる、否、
「助かります。」ですね。

この郵便局が他の店舗よりも1時間ずらして開店
しているのは、廻りに商店が多く、要望があった
ということだと聴いている。

出して、ひと安心。
少し、気が抜けたような感じです。 
でもね、安心して気を抜いたらいけないのです。
ここで、もう一踏ん張りしないとね・・。

私のブログは、写真とか絵、イラストなど入れて
いないから、チョット物足りないかも・・。

いいのよ、作戦は考えているのですから(^<^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧