« 五月晴れ  | トップページ | 子供の日 »

童謡誕生100年

 童謡とわらべ唄
  ー北原白秋から藪田義雄へー 
2018年4月21日(土)~6月17日(日)
「町田市民文学館ことばらんど」にて開催されている。

児童向け雑誌「赤い鳥」の本がズラリと展示されている。
創刊が1918(大正7)年だから、文字は右から読む。
左から読むものと思っているから、右から読むというのは
結構、大変なものである。 頭を使うという意味で良い。

ここに写真を入れれば、大変に良いのだが・・。
写真は無しね(パソコン内には入れてある)。

驚いたことに、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の原稿が飾って
あったのだ。 
他の作家のもあった。

静かな館内には小さく童謡が流れていた。
館内に流れている童謡と書かれていたのが7曲

「七つの子」    野口雨情:作詞 本居長世:作曲
「証誠寺の狸ばやし」野口雨情:作詞 中山晋平:作曲
「兎のダンス」   野口雨情:作詞 中山晋平:作曲
「あの町この町」  野口雨情:作詞 中山晋平:作曲
「アメフリ」    北原白秋:作詞 中山晋平:作曲
「めえめえ児山羊」 藤原秀夫:作詞 本居長世:作曲

歌:まちだ童謡の会 指導・ピアノ伴奏・國井道子

今日は、ここまで。

|

« 五月晴れ  | トップページ | 子供の日 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14804/66676949

この記事へのトラックバック一覧です: 童謡誕生100年:

« 五月晴れ  | トップページ | 子供の日 »