« 2018年3月 | トップページ

久々の集まり

作詩家協会の旅行で同部屋になった4人。
意気投合し仲良くなったのである。 そう、20年前くらい?
かしら・・。

その中で一番の先輩に当たるのが二木葉子さん。
JASRACの正会員でもあり、たくさんの楽曲を持っている。
何といっても歌謡舞踊の詞が多いのである。

途中、エッセーの出版記念もあった。 話術もうまいので
二木さん以外のわたしたち3人は笑い転げることになる。 

昨日も、そう、食事中も涙を流しなら笑っていたのである。
久しぶりに会ったのである。

場所: 自由が丘 
時間: 12時

何とお誕生日だったとは・・・ 
知らなかっのは。わたしと一葉さん。 
小川さんは知っていてというより、もしかして仕掛け人か?

お誕生日カードを買ってきたから書いてということで
一葉さん、私、小川さん、最後に二木さん。
寄せ書きである。

書いた文章を一葉さんに読んでと二木さんよりご指名。
かくして、全員の文を読んだあとで、
「おめでとうございます」と二木さんへ、そこで拍手。

居酒屋での昼食は定食であり、ビールは1人、残り3人は
ジンジャエールで乾杯!

食後は、どこへ・・。
カラオケに行こうとなった。

カラオケの鉄人へ。 46分待ち。 予約をしてから
喫茶店へ。 

全員、シニアということで入室。

今は、飲み物は自分で好きなものを注いで飲むのですね!

さあ、誰から・・と二木さん。順番で一葉さんというが
ダメということで、「潮騒のうた」からにしましょうと・・。

小川さん、入力係・・、
はじまりました・・「潮騒のうた」・・
声が出ない・・ 歌は良い歌よ。

次は、二木さん、小川さん、一葉さん・・と続いた。
みんな自分の作詞ですよ。。 何と言っても二木さんが一番
多い。 「日本橋から」を歌ってとお願いする。

結局、2時間で18曲。 多いか少ないか・・わからない・。

また、会いましょうということになった。 
場所は自由が丘。、

ホント、楽しかった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス解消

4月5日(木)長津田
新宿のうたごえ喫茶が長津田にきた。 司会は寺崎さん。
前日のFacebookに廣瀬めぐみさんが掲載したもの。
即、「明日は行きます」と書き込みをしたのである。

会費 金2000円也。 歌集2冊の借り賃100円
14時から16時まで途中、休憩を挟んでアンケートにより
全員で歌った。 廣瀬さんはピアノ、アコーディオンは
男性の方。お名前は・・・。
司会者を含めて出演者は4人。

曲目:
みかんの花咲く丘、 野に咲く花のように、 花、
春の唄、 森の水車、 涙そうそう、 春がきた、
上を向いて歩こう、 あの素晴らしい愛をもう一度、
浜辺のうた、 港がみえる丘、 百万本のバラ、 
乾杯の歌、 カチューシャ、 オーシャンゼリゼ。

以上 15曲
ここまで前編 休憩に入る

アンパンマンのうた、  高校三年生、 
切手のないおくりもの、 芭蕉布、 坊がつる賛歌、
山の煙、 
あの日の授業ー新しい憲法のはなしー、
 笠木透 詞  安川 誠 曲
世界に一つだけの花  高原列車は行く
忘れな草 E・デ・クルティス曲
     音羽たかし・あらかわひろし訳
愛の賛歌、 見上げてごらん夜の星を(手話付き)、
学生時代

後半 13曲
全部で、28曲も歌ったのである。
やはり歌うということは楽しいし、スッキリとして
ストレス解消になるということ。

花粉症よサヨウナラ といきたいところだが、
サヨウナラをしてくれない・・。

◎それにしても初めて聞いた歌があった。
☆あの日の授業 -新しい憲法のはなしー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月5日

サボっているわけではないけれど、4月もすでに5日。
花粉症・・大変辛いものである。 
眼が痒い、クシャミは出る。医者からの目薬、鼻薬をそれぞれ
時間別にさす。 

あまり痒いので瞼の上からさわったり、いじっていたりしたら
3月のある朝、起きたら、右目の白目が真っ赤になっていた。
日曜日というので目医者は休み。日曜日にやっている目医者
があることがわかったので出かける。

視力検査などをした後で先生の診察。
痒いので目の上から強くさわったり、かいたために血管が
きれたので、治るのに二週間ぐらいかかる。
目薬はありませんといわれた。

かくして今日も眼のかゆみとクシャミに苦戦している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ