« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

ソングコンテスト・グランプリ

作曲家協会作詩家協会合同のコンテストである。
3月31日締切で今月4月に入選者が決まるのである。
昨日、作詩家協会より会報が届いた。

 

 ソングコンテストグランプリ・2017
         作詩部門結果発表 
 最優秀作詩賞
 『 千島桜 』      高橋直人
 『 瞼の母はしょっぺぇや 』 たてやままさと

 

高橋先生、たてやまさん、おめでとうございます。

歌手は、鳥羽一郎さん(クラウンレコード)

 

次は、この2作品に対して作曲の募集が5月1日から開始
される。
 詳細は作曲家協会のHP
 http:www.jacompa.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな喫茶店

♪それは去年のことだった 星のきれいな夜だった
 
今日久しぶりにこの歌を聞いた。私がはじめて聴いたのが
10代のころだったと思う。お隣の家のラジオから聞えて
きたのだ。 それもラジオドラマの中でかかっていたよう
な感じだった。その頃はラジオドラマが結構放送されてい
たのである。

 

内容はというと

 

♪それは去年のことだった
 星のきれいな宵だった 

 

ではじまるのであるが、一番印象に残っていたのが

 

♪小さな喫茶店に
 はいったときも 二人は
 お茶とお菓子を前にして
 ひとこともしゃべらぬ
 そばで ラジオは 甘い歌を
 やさしく歌ってたが
 二人はただ だまって
 むきあって いたっけね♪

 

この中の 
そばで ラジオは 甘い歌を

 

のところを 

 

そばで ラジオはまいうたを 
と聞いていて、何で まいうた 何だろうと思っていた。
改めて、聞き、歌詞を文字で読むと“あ”の文字が抜けて
いたということである。

 

それにしても、思い込みというのは凄いものである。

 

この歌が好きなのは、今も変わっていない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月もあと1週間

このブログを書かないうちに4月も終わりに近づいている。
何をしてたの?と言いたいくらいである。 
実はね・・なんて言い訳はしたくない。書かなかったのは
事実なんだから・。

 

4月に入ってから、あっという間の1ヶ月のような気がし
ている。

 

そう、月初めからのことをマメに書いていけば良かったこ
となのである。 

 

花見に出ても桜の花がさいていない。寒かったしね、おま
けに花粉症が重症化して咳が出ると痰が出るまで止まらず、
買い物の時などしゃがみ込んで咳をしていた。今おもうと
かなり苦しかった。 

 

呼吸器科の先生はレントゲン、血液検査をしてくれ、肺の
写真はきれい、血液もハウスダスト、イエダニでもない、
花粉症の別の菌が入り込んだのだと・・。 

そんなことがあるのだと思った。また、ゼイゼイ言っていた
ために「喘息だよ」と言われたのでビックリ! 
1日1回吸入、そして薬を飲む。 まだつづけているので
ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »