« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

常識と非常識

先日、未明にファックスが送られてきた。朝になってからでも遅
くないのに何故未明に送ってきたのだろう。
 
至急連絡下さいと書いてあり、下の方に住所、氏名、電話番号が
記載されていた。

このように未明にきたのは初めてである。遠方からであったが、
ファックスなどは出せばすぐに届くのである。
急ぎの用であっても朝まで待ってからにして欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勿体ないことをした

とても気ぜわしい月であったような気がする。
良い季節になったというのに、何故と思うくらいである。
毎日を急いで生活をしていたような感じであった。そのせいなの
か、とても勿体ないようなことをしたとかんじている。。

取り戻せるものなら、もう一度4月1日になーれである。
こんな事は今まで一度もなかったことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイプリルフール

4月になった。早いですね。エイプリルフールだが、4月1日は
嘘をついても良いということだが、巷ではどうなのですかね。

私は、小学生の時を思いだしました。そう6年生の時、クラスの
男子生徒に道で出会ったときのこと、
「今日、学校あるんだよ」
「えっ、本当?」
「引っかかったね、嘘だよ、今日は嘘をついても良い日だよ」

4月は春休みなのに学校があるなんて・・
ところが良く考えると「学校がある」というのは、現在、建ってい
るということと、「授業がある」ということの二通りに取れるのだ
というのは、大人になってわかったことである。
子どもだったら単純に授業があると思って当然のことである。

今、当時のことを懐かしく思い出す。そう、半世紀も前のことだ
もの。 あの当時のクラスメートたちはどうしているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »