« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年もあと少し

昨日のTBSテレビのレコード大賞、今日のテレビ東京の
「年忘れ!ニッポンのうた」を今日最後のコマ劇場か
ら中継。そしてNHKの紅白歌合戦と音楽番組が続いてい
る。
テレビ東京で遠藤実先生の曲が歌われた。
ソーラン渡り鳥(作詞:石本美由起):こまどり姉妹、
みちづれ:牧村三枝子、夢追い酒:渥美二郎、新宿そ
だち:大木英夫・津山洋子、雪椿:小林幸子 の5曲
が続けて歌われた。ジーンとしてきて、先生が亡くな
ったのはまだ早すぎると思った。

昨日(12/30)の読売新聞朝刊に「2008墓碑銘」と
いうタイトルで今年各界で亡くなった著名人の方々の
名前が掲載されている。生前に残した言葉で故人をし
のぶと書かれている中に遠藤実先生の〈男女の歌もい
いが、世のためになる歌を作るのが自分の使命〉とい
う言葉が掲載されている。
そうですね。先生の曲はどの世代でも男女関係なく歌
える歌が多いのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国民栄誉賞 故・遠藤 実先生

遠藤 実先生が国民栄誉賞を受賞されたということ、
おめでとうございます。
きっと天国で奥様と一緒に受賞を喜んでいらっしゃる
のではないでしょうか。
作曲家では古賀政男先生、服部良一先生、吉田正先生
に続いて作曲家として4人目になるそうです。

ふとした拍子に私が口ずさんでいる歌があります。そ
れは遠藤実先生の作られた歌であることが多いのを実
感しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

訃報 日本作曲家協会会長・遠藤実先生

今日6日、日本作曲家協会会長・遠藤実先生(作曲家)
が午前10時45分、急性心筋梗塞のために亡くなら
れた。享年76歳。大きな星がまた一つ消えてしまっ
た。作品はいつまでも輝くが。

作曲家協会音楽祭ではお元気な姿でご挨拶をされてい
たのに・・。

遠藤先生のことは、ご存じの方もいらっしゃると思う
が、先生が講演会で話されたり、著作などにも流しの
演歌師をしながら独学で作曲を学ばれたということを。

藤島桓夫の歌う「お月さん今晩わ」からはじまり、演
歌を中心に5000曲以上の楽曲を世に送り出した。

ヒット曲がたくさんあるので、全てを書くことが出来
ないが、ほんの少しだけ書くと「北国の春」「高校三
年生」「星影のワルツ」「みちづれ」「くちなしの花」
「からたちの花」「哀愁出船」「すきま風」「こまっ
ちゃうな」・・まだまだある。ちなみに私の「潮騒の
うた」も遠藤先生の作曲である。

79年のレコード大賞特別賞、数々の音楽賞を受賞。
90年に紫綬褒章、2002年に勲三等旭日中綬章を
受章。03年には大衆音楽の文化功労者に選ばれた。

先生にお目にかかれなくったのが残念である。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »